節約

トイレの節水

sayakaです。


前回は、我が家の2016年の水道料金を公開しました。大体ですが、真夏以外はギリギリで3,000円台後半の金額で収まっています。

4人家族、水道料金2カ月で3,000円台?!2016年1月~10月の水道料金公開 sayakaです。 4人家族の我が家の水道料金は2カ月で3,000円台で収まっていることが殆どです。 毎日の...

今回は、我が家の節水対策「トイレの節水」について書いてみようと思います。

 

トイレに「節水リング」を取り付けました。

 

最近はトイレも機能付きのものが多く、ウォシュレットなども標準装備のマンションも多いですよね。便器自体が節水型だったりして、最初から無駄のない物を使用できる賃貸マンションも多くなっているのかも知れません。綺麗で機能も備えたトイレ、憧れです(笑)

 

我が家は築35年ほどの賃貸マンション暮らしです。我が家の場合、全くこれといった機能もないシンプルなトイレです。追加で個人的にウォシュレットを購入して取り付けることは可能ですが、我が家では何もつけていません(笑)ウォシュレットを取りつけることで掃除が大変になる方が、私にとって困りものなんです(^_^;)

 

その何の機能も付いていない、良く言えばとってもシンプルな我が家のトイレ。賃貸物件なので、あまり勝手なことは出来ないのですが、一つだけ、節水の為にこの部屋に越して来て2ヵ月程してから取り付けた物があります。

 

取り付けたものは『節水リング』と言われる物です。(節水コマとも呼ばれていますね)トイレタンク内のフロートバルブと言う浮きに載せて固定するタイプの物で、取り付けは本当に簡単な物です。

トイレの水を流した際、フロートバルブが浮き上がりタンク内に溜っていた一定の量の水が流れて、同時にタンク内に水を補充するのですが、フロートバルブの上に節水リング(重り)を設置し、その重さで本来よりも早くフロートバルブを沈めて水の流れを止める、と言った目的の物なんです。

 

節水リングを取り付けた訳

 

賃貸物件は、見てわかる・あからさまに故障しているなどの箇所が無い限りは、室内の物は入居時の状態のまま使い始めます。勿論トイレもきちんと洗浄・除菌をした後に入居するので、何の問題もなく使い始めたのですが、実は前のアパートで、トイレの水が止まらずに、気が付くと2時間ほどチョロチョロと流れていた事が数回ありました。

 

最終的に大家さんに連絡して修理してもらったのですが、水が止まらなかった原因はレバーの劣化だったそうです。更に、水の流れる量も多いと言う事も判明しました。業者さんが修理に来てくれるまで、必要以上の水を流していたのです。言われてみれば、レバーを戻した直後の水量は確かに強かったし、中々止まらなかったんですよね。でもプロでもないので、こんなもんだろうと思って使用していました(^_^;)業者さんが適度な水量になるように調節してくれたので、その後は快適に使用することが出来ましたが、それまでの水道代…勿体ないことをしていました。

 

そんな事もあり、この物件に越してきてすぐに、特に不具合があった訳でもないのですが念には念を・・・と言う事で、節水リングを取り付けることにしました。¥1,000程度のものだったと記憶しています。現在は「節水リング」で検索すると、¥500以内でも(送料別)購入できます。

 

設置も簡単「節水リング」

 

この節水リング、設置もとっても簡単です。

  • トイレタンクのふたを開け(誰かに持っていてもらうと作業しやすいです)、レバーに繋がっているチェーンに節水リングを取り付けます。節水リングはドーナツの様に中心が空いた形です。その中心にチェーンが入るようにセットします。
  • チェーンに節水リングがセットできたら、そのままリングを沈めます。チェーンの先はフロートバルブに繋がっているので、リングを沈めればフロートバルブの上に着地します。フロートバルブの中心に載っていれば完璧です。

節水リングの効果

 

節水リングの働きは通常よりも早く水の流れを止める事です。

リングを取り付けると、トイレのレバーを上げている間だけ、水が流れる様になります

我が家のトイレの場合は、レバーの向きが一方方向にしか動かないので、大小の水の投げれの選択は出来ないんです。と言う事は、毎回強めの水流を流していると言う事です。こういった作りのレバーの場合は、特に節水リングの効果は大きいと思います。

レバーを戻せば水が止まるので、自分のタイミングで水の流れを止めることが出来るから、今までのように自動的に水が止まるのを待たずに済みます。その分、トイレの水を節水できるという事です。

 

無事に取り付けが完了したら、今後の水道料金に違いが出てきますよ(^^)v

 

我が家の場合は節水リングを取り付けたのが8年ほど前になるので、正確な金額の違いを遡って確認することが出来ないのですが、記憶の中では¥1000円以上水道代が安くなっていて、「節水リング、凄い!!」と、とっても驚いた記憶が残っています(^_^)

リング自体の価格が¥500以下とワンコイン程度なので、とても低価格ですよね。一度取り付けてしまえば、そう壊れるものではないので数年間は断続利用可能です。購入したのが8年前なので、何処の会社の商品か忘れてしまい増したが、取り付けてから8年以上経っても壊れていません

 

毎日数回は流すトイレの水、これと言った機能の無いトイレ、レバーの切り替えがないタイプのトイレの場合は節水リングを取り付ける事で水道の無駄を省けます。

 

※注意※

まず、この重りを設置して効果が表れるのは、我が家のような何の機能も持ち合わせていない、トイレです。取り付けは自己責任で行ってください。近年の高機能トイレでは効果を表すよりも故障の原因になります。安易に取り付けずに、ご自宅のトイレがどんなタイプなのか確認してから取り付けようにして下さいね(^_^)